下肢静脈瘤とはAbout Varix

30代以上の2人に1人が
発症している
血管の病気
「下肢静脈瘤」

本来、心臓から拍出された血液は、動脈を通り各臓器へ供給され、静脈を通り肺を通過して再び心臓から拍出されるものです。

この最後の通り道と言える静脈では、心臓からの圧力に頼ることが出来ず、自動的に心臓へ血液が帰れないため、血液の逆流を防ぐために弁がついております。

下肢静脈瘤は足の血管が
ボコボコとコブ状になる
病気です

下肢の比較的に太い静脈の弁が悪くなり、本来心臓に帰っていくはずの血液を足の静脈に溜めてしまいます。

下肢静脈瘤の治療は、従来はストリッピングなどといった切開を中心とした、血管を直接引き抜くものが主な治療でした。現在は、保険適用となったカテーテルを用いた血管内治療が行われています。

これは逆流を起こしてしまった静脈にカテーテルを挿入し、血管内部より静脈を焼いて閉塞させる治療です。逆流を止めることで、下肢静脈瘤のだるさや浮腫、見た目のコブの治療を目的とします。
カテーテル治療においては血栓症が主なリスクとしてありますので、術前後の超音波検査にて血栓の有無や血流、血管の状態の評価が大事になります。

下肢静脈瘤からの
SOSサインを見逃さないで!

下肢静脈瘤の特徴として、午後から夕方にかけて症状が出てきます。まずは重症化する前に体が発する違和感を見落とさないことが大切です。

体の違和感で見つける自覚症状
  • 足がつる(こむら返り)
  • 足がむくむ
  • 足が痛い、だるい、重い、疲れやすい
  • 足がかゆい
  • 足の血管がボコボコしている
  • 足にコブがある
  • 足の血管が浮き出ている
  • 皮膚に色素沈着が起こる
  • 皮膚から出血がある
  • 皮膚が硬い
  • 皮膚に潰瘍(やけどのような痕)ができた

もし1つでも、お心当たりが
ある人は
下肢静脈瘤の
可能性があります

症状や進行具合には個人差がありますが、下肢静脈瘤がそのうち自然に治ることはありません。症状は徐々に悪化していき、レーザーでの治療が困難になり切開手術が必要となるケースもあります。症状を感じたら、早期に専門クリニックで検査をしてみて治療法を医師に相談されることをお勧めします。

下肢静脈瘤になる誘引

  • 足の筋力低下
  • 足の血管の壁面の弱体化
  • 逆流防止の弁の損傷や機能が低下
  • 血管が柔らかい
  • 肥満などの体重の増加

下肢静脈瘤になりやすい原因

  • 加齢
  • 職業による立ち仕事が多い人
  • 妊娠や出産を経験した人
  • 女性に多く見られる
  • 女性ホルモンの減少

ここまでこじらせると大変
下肢静脈瘤患者の10%が
合併症を発症している!?

下肢静脈瘤を放っておくとジワジワと進行し、合併症を引き起こしてしまいます。
足に血液が長時間たまり、
慢性的な皮膚炎を招きます。

重症度1

血栓性静脈炎けっせんせいじょうみゃくえん

コブの部分が急に赤く腫れて、熱を持って痛みが出現します。コブの中で鬱滞していた血液が固まり血栓となり、炎症を起こした状態です。圧迫療法を施すことで、1~2ヶ月ほどで症状は治まることもありますが、静脈瘤の治療を行わないと炎症を繰り返してしまうことが多いといわれています。

重症度2

色素沈着しきそちんちゃく

静脈に血液がたまると血管壁に圧力がかかり、血管の壁に無数にある細かい穴から血液がにじみ出るようになります。血液に含まれる鉄分がサビのように酸化して色素沈着を起こし、皮膚が褐色に変化し始めます。皮膚もザラザラした状態になりしっしんもできやすく、かゆみを感じることも多くあります。

重症度3

うっ滞性皮膚炎うったいせいひふえん

老廃物を含んだ血液がたまると皮膚の血液循環も悪くなり、皮膚の角質細胞がダメージを受け、皮膚を守るバリア機能も壊されます。そのためかゆみを感じやすくなり、かさついた皮膚は炎症を起こしやすくなります。重症化すると皮膚の色は真っ黒になり、皮膚も繊維化してカチカチに硬くなります。

重症度4

下腿潰瘍かたいかいよう

色素沈着を起こすほどのうっ滞性皮膚炎が重症化したり、足が浮腫んだ状態が長い間続くと、小さな傷の回復が遅くなり慢性化しやすく、なかなか痂皮化せずにひどい火傷をしたときのようにただれた状態になります。主に足首の内側の皮膚がえぐれて赤黒い潰瘍になります。下肢静脈瘤のもっとも重い合併症なので、できるだけ早く治療を始めてください。

下肢静脈瘤の
よくある質問へ
FAQ

0467-48-0006