治療内容Treatment

保存療法弾性包帯や弾性ストッキングなどを用いて
適切な圧力を加えることで症状の改善・悪化を防ぐ方法

軽症の方は、弾性ストッキングという圧迫用ストッキングを着用することで静脈瘤の症状軽減が期待できます。

下肢のサイズを測定してご自身に合ったサイズのストッキングを使用して頂きます。弾性ストッキングは症状の改善には有効ですが、静脈瘤自体を治すものではありません。

効果があるのは着用している間のみで、着用に伴う不快感、圧迫による痛み等で着用し続けることが困難な事もあります。

弾性ストッキングは症状改善には有効ですが、下肢静脈瘤自体を治すものではありません。効果があるのは着用している間だけですし、着用の不快感、圧迫による痛み等で着用し続けることが困難なこともあります。

下肢静脈瘤の
よくある質問へ
FAQ

0467-48-0006